染の技法
Dyeing

小紋は「繰り返し型染めしたもの」と定義されており、元来は細かな文様のものを「小紋」と称していましたが、現在は大きな柄のものも文様が繰り返されていれば小紋としています。

型を用い文様を連続して染める技法には様々な種類があります。染めものでは、えてして染まった部分に注目されがちですが、どのように染まらない部分を作っているかを見ると技法の違いがわかります。